手延べ麺【めんの山一】情報サイト

【めんの山一】香川工場
讃岐井筒屋概要
 

 
 
讃岐井筒屋は、江戸時代初期1692年(元禄5年 5代将軍徳川綱吉時代)に醤油造として讃州(現香川県)にて創業しました。讃州は良質な大豆と小麦、瀬戸内の塩など、原料の確保に最適の土地ということもあり地域の豪商として大いに栄えました。1900年代からは手延べ麺製造を開始し讃岐うどんの製造及び即席技術の特許取得など様々な技術革新を行い2020年からは【めんの山一グループ】の一員として全国へ即席手延べ麺や讃岐うどんの出荷を始めました。
 

※昭和まで稼働していた工場は讃州井筒屋敷として東かがわ市の観光拠点として保存されています。


一般消費者を対象に
ISO9000、長崎HACCP段階7を取得した安心安全な製造工程が見学出来ます。
人数 10名〜35名
1週間前までにお問い合わせ下さい。
詳しくは担当:石橋まで
フリーダイアル 0120-598-597  

食の生産・流通現場公開システムLinkIcon